高血圧に負けない!減塩生活2年目の話

高血圧に負けない!減塩生活2年目の話

高血圧に負けない!減塩生活2年目の話

遡ること2年前の健康診断。
特に身体の不調を感じていなかった私は気楽に健康診断へ赴きました。
例年通り問題なく終わると思っていたのですが、結果はD判定。
引っかかったのは血圧の項目。
いわゆる高血圧疑いのため、再検査をするようにとの指示でした。
私はどちらかというと低血圧気味で、若い時は上の血圧で100を切ることもあるほどでしたので、「まさか自分が高血圧?」と信じることができませんでした。
しかし、無情なことに再検査をしても高いままの血圧。
降圧剤が処方されましたが、根っからの薬嫌いなこともあり、なんとか薬以外の方法で血圧を下げたいと考えるようになりました。
高血圧予防には薬物療法以外に運動と食事の見直しがあります。
学生時代以降は全くと言っていいほど運動をしていなくて、普段は仕事をしている以上、運動の時間を確保するのも楽ではありません。
運動に関しては始める前に心が折れてしまい、残されたのは食事の見直し。
運動と違って食事は毎日摂る必要があるので、そこで高血圧の予防ができるのであれば他に時間を作る必要もないし、自分に合っていると思い、減塩生活をスタートしました。

日本人の塩分摂取基準を知る

まずは塩分を1日にどれくらいまで摂取しても良いのかを知るところから始めました。
インターネットで検索をしてみると、厚生労働省が日本人の塩分摂取の基準を出しているとのこと。
確認してみたところ、男性は1日8g(現在は7.5g)、高血圧症の人の基準はさらに低く6gとの情報。
「6gって言われてもよくわからないなぁ」と思い、試しにお昼に食べようと思っていた惣菜パンに含まれている食塩を見てみると、なんと2g以上の食塩が!
これにはさすがに驚きました。
お昼に食べようとパンを3つ購入していたのですが、3つの食塩を合計すると、それだけで6gを超えてしまうではありませんか!
後々に知ることになるのですが、どうやら日本人は世界で見ても塩分を多く摂りすぎてしまうらしく、世界の塩分の基準は5gとのこと。
なぜ日本人が塩分を多く摂りすぎるのかというと、昔ながらの食文化に影響されているからだとわかりました。
日本を代表する調味料といえば醤油や味噌。
これらは元々、食材を保存するために使われていたこともあり、諸外国の調味料と比較しても塩分が高くなっています。
また、漬物や梅干し、塩鮭なども少量で恐ろしく高い塩分を含んでいます。
今は冷蔵庫などもあるため、塩分をたくさん使って食べ物を加工する必要はないのですが、昔のなごりで単純に味がおいしいという理由で塩分の多い食べ物を摂ってしまっているのです。
それに加えて、コンビニやスーパーの総菜、外食も加わり、ただでさえ高かった日本人の塩分摂取量はさらに高くなってしまいました。
減塩の第一歩は塩分摂取基準を知ることから。そして、どんな食べ物にどれくらいの塩分が使われているのかを知ることからです。

特に意識をしている2つのこと

実際に減塩生活をしてみましたが、一番大切なのは「継続すること」だと感じました。
そのためにはあれこれ全部取り入れて燃え尽きてしまうよりも、確実にできることを絞って行うことが自分に合っていると思い、実践しています。
私の場合は以下の2つを特に意識して生活しています。

① 香辛料や塩分の少ない調味料を使う
② 汁物は飲み干さない

①の香辛料や塩分の少ない調味料を使うですが、塩分の少ない分を香辛料でカバーしています。
例えば、野菜炒めで塩分の代わりにコショウを多めに使ったり、餃子の醤油の代わりにお酢やラー油を多く使ったりしています。
塩分の少ない調味料は、マヨネーズやケチャップ、焼き肉のたれなどが比較的少なめでオススメです。

②の汁物は飲み干さないですが、汁物は特に塩分を多く含んでいます。
毎日食べる可能性のある汁物というと、みそ汁が一番に思い浮かぶかもしれませんが、みそ汁も塩分を多く含んでいます。
1日3食みそ汁を飲んでいると、おそらくそれだけで6gは超えてしまうのではないでしょうか。
とはいえ、みそ汁を適量摂取することは体に良いので、1日1杯にして、すべて汁を飲み干さずに留めるなどで調整をしています。

「塩辛い食べ物はおいしい」という事実

塩分摂取基準を知り、食べ物に含まれている塩分量を知り、なるべく6gを超えないような食生活を続けてはいますが、どうしても塩分の高い食べ物を食べてしまうときがあります。
私の場合はラーメンです。
昔からラーメンが好きで、職場の仲間と仕事終わりにラーメン屋へ行くことも多かったです。
これは職場の仲間との付き合いもあるので、たまにはいいかとラーメンを食べに行くのですが、これがまた美味い…。
ラーメンに限らずですが、塩辛い食べ物はおいしいということにあらためて気づかされました。
2年間、減塩生活を続けているので血圧もだいぶ落ち着いてき、減塩の食事自体にも慣れていますが、「塩辛い食べ物の誘惑は強いな…」と感じながら頑張っています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。