二十年遅れで訪れた厄年

二十年遅れで訪れた厄年

年明けから私は体調不良と故障とを繰り返しているけれども…
自身の誕生日の直後、またまた脳梗塞を起こす。

女性・数えの三十三歳が大厄と訊く。
今の私はそのちょうど二十年遅れで…現状心身ともに壊れまくっている。

考えてみれば。約二十年前、満三十三歳の私は、
官能小説の連載を月15本も抱え、めちゃくちゃ無理を重ねていた。

…その結果が今日のボロボロな自分なんだ。

そう気づいた時、当時を深く反省すると同時に…
今の自分をもっと大切にしようと強く感じる私の存在があった。

麻痺や失語症、ほかいろんな後遺症が残りましたが。
泣いている場合でもなく倒れた翌日からリハビリ開始。
今の私にできることを一生懸命にがんばります。

写真は…
ボイトレ担当の言語聴覚士の先生撮影によるリハビリ中の私です。
穂花

報告する

投稿者

東京都

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。