50歳から考える保険

50歳から考える保険

自分の置かれている立場とは

身近な人が病気になり、なんとなくかけていた生命保険だが、色々と見直す時期に来たなと思った。
先日生命保険金を請求する段階になって、保険証を見直し自分に問いかけてしまった。「なぜ、こんな保険に入っていたんだろうか?」

自分にとってあまりメリットのない保険だったことに気づかされた。

子供が小さい頃に入った保険だっただけに、自分に万が一のことがあったらと思って死亡保障をとても高くつけていたのだ。

もう子供に金のかからない今、こんなに私の死亡保障を手厚くしておく必要はない。
そんなことよりも、病気やケガなどで一時手術、入院、あるいは通院などの保障が必要だ。

子供がいるいないにかかわらず、仮に50歳から新規で保険に入る人も同じだろう。
また、この後どのぐらい自分で生活できるかわからない。

昔と違って80を過ぎても元気に自宅で暮らしている人も多い。
もちろん健康に気を付けていても介護施設にお世話になる可能性もあるだろう。

さて、どうすればいいのだろうか。

貯蓄型保険に合う人とは

具体的にどの保険が必要かと考えたときに、私の場合は病気でもらう一時金、入院手術、通院、などが死亡保障を厚くするよりも必要だと思い知る。もちろんこれとは別に長くいきることができたら生活の保障も必要だ。

仮に50代から新規に医療・死亡保険がついて貯蓄型に入ったらどうなるのだろうか。
昔ほど金利がよいわけでないので、貯蓄型の保険はおいしくないかもしれない。それに保険の加入期間によって支払う金額と満額で受け取る金額の率が…ということもある。

毎月保険に支払う金額を毎月個人で貯蓄してもいいのではないか?と思える。そのようなことを考慮してみると保険のメリットデメリットは下記のようになるだろう。

メリット
○保険の加入期間によって、支払金額よりも解約返戻金が多いことがある。
○万が一の時、銀行などでの貯蓄の場合はお金が貯まるまでに時間が必要だけど、保険の場合は保障された金額が即座に入る。

デメリットは
○満期保険金と支払額が変わらないか、それ以下の場合がある。
○満期保険に税金がかかる場合がある

結果として貯蓄型の保険にあう人というのは、
○保険料が掛け捨てが無駄だなと思う人
○コツコツとお金を貯金するのが苦手な人向きとなる。

50歳まで地味に働いた分を貯蓄してきた人は、掛け捨ての方がよいのではないか?公的年金のほかに、民間の年金に若いうちから入っている場合など、利率がいい時代に入っていたら、貯蓄型でなく、掛け捨て型がいいのかもしれない。

掛け捨ては損なのか?

掛け捨てはそん臭いという話もよく聞くが、掛け捨ては満期に金がもどってこないだけで、一回の支払額が貯蓄と比べるとかなり安い。

しかも、割戻金なるものがある。決算によって金額はことなるが、これはこれで、結構な額が戻ってきて、掛け捨ても悪くないと思える。この金額で万が一の時の保障がそれなりにあるのだから、自分のライフステージにあわせた保障の見直しをして掛け捨てに入るのは悪くないだろう。

若い頃に入ったままの保険を見直そう

保険はどの保険がいいのかなんて言うのは、個人で違ってくる。
個人の資産、家庭環境、現在の給料や退職金などを考慮して保険は考えるべきだろう。
私の場合は、サラリーマンでないので、退職金はない。ずっと働ける職業ではあるけれど、それだって体力に自信があるうちだけにしたい。となると、せいぜいあと何年だろうか?

保険の専門家でも何でもない私が言えることはただ一つ、もしも若い頃にはいったままなら、保険証を取り出して見直そうということだ。

今回私が体験したように、万が一の時に、自分のライフステージに全くあっていない保険に入ってる可能性もあるのだから。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。