無料で楽しめることを探す

無料で楽しめることを探す

無料だけど十分楽しめること

これから人生を謳歌するために、何をして生きて行こうかと思った時に、金がかからずにできるものがいいと思った。が、しかし、すでにその手のものはずっと昔からやっている。基本私の趣味は、読書、音楽鑑賞、映画鑑賞の三本柱。読書に関しては、図書館に行けばいい。音楽、映画に関してはこれも図書館のを借りることができる。

図書館の良し悪しは地域によって差があるとは思うが、たいていは視聴覚教室がありその場で見ることが可能なレーザーディスクからレンタル可能なvhs、dvd、cdなどがある。

これらを利用すると無料だ。最近はネット向けの通信費はかかるが、オンラインで借りることができる電子図書館がある地域もあるし、定額で安くレンタルできるオンライン動画配信サービスなどでそれなりに映画、音楽も金をかけずに楽しめる。

もちろん、もっと金をかけて楽しむことだってできるが、それは定職があるからであって、コロナで仕事も先行き不透明。国もあてにならないとなったら、何か細々でも副業を考えないといけないかなと思う。これも終活には大切なことだろう。

何かを始めるには、金がかかるし、資格を取るにしても必要だ。ここで、社会人なり高齢になってから資格取得をするときに助成金などがないか、これも後々気になったので、探してみることにする。

とりあえず無料で楽しめるもの1: 神社仏閣巡り

1:散歩
単なる散歩でなく、神社仏閣を巡るのがいいかと思った。地域によるかもしれないが、彫刻が町中に置いてある場合は、それらを見て歩くのもいいだろう。

けっこういろんな地域で神社仏閣を巡るスタンプラリー的なものが開始されている。御朱印なども流行っているし、金額的には「 初穂料 はつほりょう 」「納経料」は決まっていて、そんなにバカ高いものでもない。

もちろん、御朱印料金がもったいないなら、ただ無料で見て歩くことができる境内内を見て帰るだけでもいいだろう。

なにしろ、散歩は健康にもいい。

2:知の宝庫図書館

神社仏閣に行って気になったら、それを図書館で調べるとより楽しめるのではないだろうかと思った。郷土資料室などもたいてい図書館内にある。生まれた町や、住み移った町の歴史を知ることもでき、楽しい。何しろ図書館は無料で使えるからこれは本当に老後の人生には欠かせない物だろう。

3:オンライン学習 プログラミング言語を覚える Progate

何と言っても時間はたっぷりある。ネットサーフィン(言葉が古い?)だけをしてパソコンを眠らせるのはもったいない。プログラミングなどに興味があるなら、オンラインで無料で学習できるサイトがあるので、それを利用して勉強をしてみるのはいいのではないか。

日本語だけでなく、英語でもある。全部が無料というわけでもないが、無料でかなり勉強できる。お金を払って学習を続けるか、否かを判断するには十分なぐらい学習環境は揃っている。

https://prog-8.com/

4: オンライン 美術館・博物館を楽しむ

コロナは早く収まってほしいが、コロナのおかげでオンラインでいろいろと楽しめることが増えた。
海外の美術館は以前からオンラインでたのしむことができたが、国内でも色々楽しむことができるサイトが増えた。

○HASARD https://wam-hasard.com/ は何時でもオンラインでアートが楽しめる美術館としておすすめである。

○大英博物館 https://britishmuseum.withgoogle.com/
 言わずと知れた大英博物館。オンラインでなくても無料で見ることができる博物館で、入り口に寄付金をいれる箱があるだけ。ミイラのフロアは大人気だが、オンラインなら快適に見ることができる。

https://artsandculture.google.com/streetview/british-museum/AwEp68JO4NECkQ?sv_h=202.66601491124203&sv_p=-8.256494247725925&sv_pid=WjB5K-nsMXK_q9EffBwDoQ&sv_lid=3582009757710443819&sv_lng=-0.1274337889263393&sv_lat=51.51988925226868&sv_z=1

○いわさきちひろ https://chihiro.jp/enjoyathome/jp/

ここもおすすめのひとつ
国語の教科書に使われることが多かった。今でもだろうか?
じっくりとちひろさんの人生と、作品などをオンラインで覗いてみるのもいいだろう。

○東京写真美術館 https://topmuseum.jp/

写真を撮影したり、見たりするのが好きな人におすすめなのがこちら
解説も丁寧についているので、見ごたえ読み応えばっちり
学芸員による動画配信も面白い

ポーラ美術館
https://www.polamuseum.or.jp/
#おうちでポーラ美術館  https://www.polamuseum.or.jp/enjoyathome/

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。