少しずつ親の介護を考える

少しずつ親の介護を考える

介護保険でできることを知る

80歳以上の人の半分は介護保険を申請して、何かしらの支援を受けていると言われています。
介護保険と聞くと「介護を受けるための制度」というイメージがありますが、実際は半分正解というところ。
介護保険は「介護にならないための介護予防のために受ける制度」という側面もあります。
親がまだ介護が必要でなかったとしても、介護保険でできることを把握しておくだけで様々な可能性が広がるかもしれません。

ヘルパーが手伝ってくれる

介護保険の訪問介護というサービスは、ヘルパーさんが決まった時間に家に来て、本人の代わりに掃除や洗濯、調理、買い物の代行などを行ってくれます。
ただし、ヘルパーさんもなんでもできるというわけではないので、介護保険の中で認められていないことは行えないので、注意が必要です。
また、掃除や洗濯、調理、買い物を本人が行うことが困難であると認められ、それらの家事を行う家族が同居していないことも条件となります。
同居の家族がいたとしても、家族が疾病や障害などにより家事ができない場合は、ヘルパーさんの支援を受けることが可能です。
実際に介護が必要になった場合は、オムツの交換や入浴の介助、食事の介助なども行ってもらえますが、それ以前にも支援を受けることができるということを把握しておくと役に立つかもしれません。

デイサービスへ行くことができる

介護保険を利用してデイサービスに行くことができます。
デイサービスというと、みんなで歌を唄ったり、お風呂に入れてもらったりという状況を想像するかもしれませんが、最近は様々なデイサービスが増えています。
中には要介護の方ではなく、介護が必要でない状態の要支援の方を対象としたデイサービスもあり、お元気な方もデイサービスを利用されるようになっています。
その場合は介護を受けるためではなく、介護予防のためにサービスを利用されています。
私も要支援の方を対象としたデイサービスを見に行ったことがありますが、本当にお元気な方ばかりで、とても驚いた記憶があります。
車イスを利用している方は一人もおらず、畑で育てた野菜を地域の方に販売をしたり、機械を使ったリハビリに励まれたりと、一人ひとりにあったプログラムを行っていました。
どうしてもデイサービスというと家でお世話をするのが大変で一時的に預けているというイメージがあったのですが、今はだいぶ違うのだと感じました。

便利な福祉用具がレンタルできる

介護保険では福祉用具のレンタルを受けることができます。
車イスや電動のベッドなどは介護度が高くなければ借りることができないのですが、手すりや杖(一部は購入のみ)などは介護度が低くても借りることが可能です。
まだまだ自分でできることがたくさんある元気な高齢者であったとしても、手すりや杖は必要としている方も多くいると思います。
手すりや杖は「転倒や大きな怪我を防ぐ」という介護予防という観点からも重要だと考えられるので、そのような物も借りることができるということを覚えておくと良いでしょう。
介護保険を利用すると、一ヶ月1個数百円程で借りることもできますが、介護保険を利用せずに購入するとなると数千円~数万円はかかってしまうので、不要になったら返却できるレンタルをおすすめします。

ケアマネージャーへ相談できる

訪問介護やデイサービス、福祉用具のレンタルをするとなると、一人のケアマネージャーが担当として付くことになります。
介護度にもよりますが、要支援という認定の方は3ヶ月に1回、要介護という認定の方は1ヶ月に1回訪問をしてくれます。
その時に介護保険のサービスを利用してみて不具合がないか、困りごとが増えていないかの確認をしてくれるので、親が遠くて頻繁に会いに行けない場合は心強い存在となります。
様子を報告してもらえるように伝えておくと、介護の専門家でもある第三者の目で確認した状況を教えてもらえるうえに、ケアマネージャーが着いてもお金が一切かからないので(訪問介護等のサービスは費用がかかります)上手に活用すると良いでしょう。

介護予防として上手に活用

様々なサービスがありますが、本人にとって向き不向きもあります。
もしも向いていないときは利用を中止すれば済む話なので、介護になってからサービス等を考えるよりかは、まだ元気なうちに介護予防として介護保険のことを考えて、上手に活用するのが良いと感じました。
少しでも元気に過ごす時間が増えると良いですね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。