老後に見ようと溜め込んだVTR、これも終活の一つ?

老後に見ようと溜め込んだVTR、これも終活の一つ?

老後に見ようと溜め込んだVTR、これも終活の一つ?

若い頃から音楽が好きで、学生の頃からコンサートに行く為にバイトをし、音楽を通して多くの友達を得る事が出来ました。今の様にユーチューブで何でも見れる時代ではなく、テレビもWOWOWもなく、見たいドキュメンタリーや音楽番組など取っておきたい番組を必死に録画したものです。

またいろいろなコンサートなどのVTRも発売され始めました。中には1万円以上するものもあり、若いころは自由になるお金もないし、とてもじゃないけど一人じゃ全部買いきれない!友達同士でダビングをしあったりしていました。皆もそんな思い出ありませんか?

忙しくて見る時間がない!

働き始めた頃はバブル期、海外旅行に行く人たちが増えてくる時期で、仕事毎日遅くまで働いていました。ありがたいことに、海外に住んでいる友達から現地のテレビがVTRに録画され送られてきます。わたしも仕事で時々海外にも行くようになりとてもじゃないけど、ため込んだVTRを見る時間はとてもありません。

VTRって1時間から2時間、それに見始めると集中してしまって他に何もできなくなってしまいます。だからどんどん貯まっていくばかり。だからいつも老後の楽しみに!っていつも言っていました。同じようにVTRや後で読もうと本などをため込んでいる人多いのではないでしょうか。

時代は流れ、VTRからDVDが主流へ。

知らない間にどんどんVTRは貯まり、これで老後も楽しく時間を過ごす事ができると思っていました。でもVTRだとかなり嵩張ります。知らない間にかなりのVTRで場所をとるように、それに湿気が多い日本、知らないうちに大切なVTRにカビが生えているという事も。そしてDVDが出てきます。

最初は高いDVDも徐々に金額が安くなってきました。そして気が付くとVTRを見る機械が徐々になくなってきます。このままじゃせっかくためた老後の楽しみが無くなってしてしまう、老後はどうやって時間をつぶせばいい?とちょっとパニックに。自由な時間は無くなっていましたが、その頃には少しはお給料も上がり、業者に頼んでVTRをすべてDVD化しました。

そしたらあっという間に嵩張っていた荷物がかなり小さくなりました。とはいっても、今度は自分が海外に出るたびに現地のDVDを買いあさり、老後の楽しみは溜まっていきます。

しかし時代はもっと進み

現在はいくつかの小さいUSBに収まっています。老後の楽しみはさらに増え、時間はますますなくなり、いつになったら老後の楽しみを満喫することはできるのか?

たくさんあったVTRが小さいUSBに収まり、ちょっと悲しい気持ちになりかけた所にこのコロナ騒ぎです。同じ年代の友人のSNSを見ていると同じようにお宝を抱えている人が、この機会にみんなに披露しています。私も持っている!と思いながらSNSは見ているけど、自分のお宝を見る時間はない。それにVTRからDVDそしてUSBと老後の楽しみの形が変わるごとに、ますます老後の楽しみも増え続けています。

老後の楽しみも大切だけど、本当にやらなくっちゃいけない事は?

本当は老後の楽しみも大切だけど、明日何かがあっても良いように、必要ないものを捨て行かなくてはいけないのに。そちらはなかなか進まない。人からもらったものは捨てづらく、また取るに足らないものでも何か思い出に結びつけ、気が付いたらかなりの量になっています。老後の楽しみを時代とともに整理してきましたが、本当に整理しなくてはいけないのは、そういったもの。

断捨離とコロナ騒動

今回のコロナ騒動、多くの人たちが終活と意識していないけど、いろいろと老後の楽しみと溜めこんでいたものを整理しているのではないでしょうか。老後の楽しみも大事だけど、そろそろ振り返って整理した方が良い私の人生の歴史。

汚点というわけじゃないですが、ちょっと人に見られると恥ずかしい思い出が綴られている物もあります。60年近く生きいればいろいろと出てきますよね。私もしっかりと吟味しながら、頑張っていろいろと捨てたいと思います。この機会にまだ老後にはちょっと時間があるけど、溜めこんだVTRじゃなくてUSB楽しんでも良いですよね。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。