終活の目的とやっておくべき自分が死ぬまでのこと

終活の目的とやっておくべき自分が死ぬまでのこと

1.終活の目的

終活の目的は、自分が最期を迎えるまでに身辺整理をしておき、遺族や周りの方に迷惑をかけないようにすることです。
終活をしていないと、病気で会話ができなくなったときや突然亡くなったときなどに遺族や周りの方へ迷惑がかかります。
そのために医療、介護、葬儀、墓、財産の処分、相続などについて生前に整理しておく必要があります。

2.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~誰に託すか

終活では最期を迎えた場合に、誰に託すのかをまず決めます。
そして託す人が決まったら、終活を行うことを託す人に伝え了承を得ておくと終活がスムーズに進みます。
また最期を迎えた後は相続が発生しますので、後々のトラブルをさけるためにも最期を誰に託すか決めておくことは大切です。
不自由なく動けるうちに誰に託すのかを決めておくことは重要です。

3.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~医療と告知

終活では自分が重い病気になり意思疎通が難しくなった場合、家族にどういった医療を希望するのか伝えておく必要があります。
例えば延命治療を受けるか、また延命治療を受けるとなったときの期間をどれ位にするか、などを決めておくと家族の負担は少なくなります。
また自分が重い病気になったとき告知をしてもらうかを決めておきます。
最近では医療の発達により一昔前に大病と言われた病気も治る確率が高くなりました。
そのため早めに自分に病名を伝えてもらうことにより、次の人生を考える時間を作ることができます。

4.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~介護

人は突然最期を迎えるとは限りません。
少しずつ認知症が進んだりして生きてはいるけど意思の疎通が難しくなることもあります。
そのために終活では介護の場所や誰に介護してもらうかを決めておくとよいです。
介護保険や介護サービスなど公的機関を通じて受けられる制度があるので専用の窓口で相談できます。

5.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~最期のときの連絡先

終活では病気の治療中に容態が急変した場合、また最期のときに誰に連絡して欲しいかを家族に伝えておきます。
連絡先として家族はもちろんのこと、家族以外で連絡をとって欲しい人などを伝えておきます。

6.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~家系図

終活では家系図を緊急連絡網として使います。
特に親族が遠隔地に住んでいる場合や疎遠な人がいる場合などに、それらの人たちと自分の関係を明らかにできるので家系図は必要です。
家系図を見ると意外と知らない人が出てきます。
折を見て家族に家系図を見せながら、親族の状況やルーツなどを説明します。

7.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~遺言書

終活では遺族に自分の財産の相続について遺言書に記載します。
最期を迎えた後のトラブルを防ぐために遺言書は必要です。
遺言書は法律行為であり15歳以上で意思能力があれば作成できます。
記載する内容は、誰に、何を、どれだけ相続させるかなどです。
相続者や相続分については法律に規定がありますので専門家に相談してください。

8.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~財産

終活では自分の財産がどれ位あるのか洗い出し整理します。
整理するのは、預貯金、不動産、投資、生命保険、傷害保険、会員権、クレジットカード、貸付金、借入金、保証人などです。
それらを整理しておくと遺族が困ることはありません。

9.終活でやっておくべき自分が死ぬまでのこと~葬儀、墓、法要

終活では葬儀を自分で仕切ることができないため、葬儀の喪主、葬儀場、参列者を誰にするかなど整理します。
葬儀のプランもさまざまで出費を伴いますので家族と相談します。
墓については、寺院墓地、霊園墓地、永代区養墓などがあり、墓が必要なければ納骨堂などについて自分が希望するものを伝えます。
また葬儀には墓を必要としない散骨などもありますので調べてみるとよいです。
さらに法要は宗派などにより内容に違いがありますので、これも家族に相談します。

10.まとめ

今回は終活で自分が死ぬまでに行うことをお伝えしました。
最期を迎える前に終活で行うことは沢山あります。
身のまわりのことを整理には時間がかかりますので、自分が動ける内に少しずつ進めておくとよいです。
今回お伝えした内容を参考にして、ぜひ終活に取り組んでください。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。