今朝のステキです。 最期を爽やかにイメージして・・・

  • HOME
  • Blog
  • 終活
  • 今朝のステキです。 最期を爽やかにイメージして・・・
今朝のステキです。   最期を爽やかにイメージして・・・

素敵なご夫婦だったと思い出されたいね!

昨秋のこと、ある女優さんが仕事先で急逝されました。
普段から女優業にして、率直なご自分の言葉でどなたの前でも同じように意見を述べられていました。女優というより人間として尊敬できる方でした。このような方が亡くなると本当に残念です。

ご家族の心痛は想像を超えるものと思うのみで時が過ぎ去っていきました。

つい先ごろのfacebookで遺族が彼女の意志の通り、知人の持つ山に散骨されたと報告されました。これもご自身の思いさまざまなところ故人を尊重した誠実さを感じます。いわゆる素敵なご夫婦であったに違いないと想像します。

このことから思ったのです。69歳でした。本人は70歳で70ヶ国訪問予定で来年のスケジュールを楽しみにしていた。高齢になっても仕事が出来、幸せな人生であると・・・・言っていた矢先ということです。おおよそ後悔のない人生を過ごされたと思います。
”お墓に遺骨は入れないで欲しい。自由になりたいと・・・”

白洲次郎氏は遺言3行。「戒名なし 葬式なし」これに傾倒され普段から家族とも話題にされていたようです。
白洲氏の本を読み旧白洲邸(武相荘)まで白洲正子夫妻の眠る自邸の竹林を見に出かけました。兎に角何をなさっても「絵になる」方々でした。

散骨はコロナ渦の中、ご意志を守った経緯を丁寧に遺族が述べられていました。

森の墓地

死は生まれる時のように予定日はなく突然やって来ます。普段から家族とこうした時には・・・と気軽に話し合える環境も大事な事と思いました。また遺志通り貫くのが遺族の愛情かとも思いました。生きている時がそのまま死にざまになるのでは・・・と。

そこで・・・我が身を考えました。
終活インタビューを検索すると戦後のベビーブームの団塊の世代が70歳を越え実に100人100色さまざまな提案が提示され業者もいろいろあります。どれにしようかと迷うほど事例もあります。まるで死ぬために生きているような気がして来ます。

以前から気軽にPCの中に気持ちを残しています。時々書き替えながら・・・です。

著名な歌舞伎役者が亡くなり息子がPCを開き、旅立つ思いの短歌が綴られていたそれを見た息子は「親の思いを汲んではなかった」とひどく後悔をされたとか・・・死ぬにも教養があった方がいい・・・

以前の話ですがスウェーデンに住んでいました。子育てや勉強に忙しくも、今は人生の夏休みだったと。家族と共有財産だと。思っています。
その時出かけられなかった場所があります。夢と希望ばかり追いかけて「墓地」の事など頭になかったのかもしれません。

帰国後、現地の知人に世界遺産になっているストックホルム郊外の「森の墓地」の話を聞きました。「ゆりかごから墓場まで」と福祉国家の北欧の国々に憧れた時代がありました。

他国で様々な方の「手」を借りて子育てした私は、早く日本でも社会的弱者の母親気楽に子供を外に連れ出すことが出来る国になって欲しいと願っていました。立場を変える(言い方を変えると)と弱者に気軽に手を貸してあげられる社会になります。

1914年自然の森を生かした国際コンペで「アスプルンド」と「レーヴェンレンツ」が若い日にとりかかりました。25年の歳月をかけて1940年に完成しました。最初の世界遺産に登録されています。
森の火葬場と3つの礼拝堂があります。一度だけテレビで見たことがあります。

北欧デザインが何故美しいのか。私の留学の目的でした。もし勉強をしなければ「北欧モダンの父」と呼ばれた巨匠の仕事に圧倒されるだけで終わっていたでしょう。

元々北欧人は森を精神的な故郷と思っています。死ぬと森に還っていく。森にはトロルが住んでいると。精神思考があります。墓地を作るために森を作ったのではなく、森を時間をかけ自然な墓地になっていった。

人の心理は意識していない部分があります。例えば広大な森の丘陵はなだらかな坂が続き、遂に姿が消えて仕舞う・・・何気なく思えて悲しみが火を消すようになくなるものではない。
時間をかけさらに時間をかけ広場を歩きながら自然の木や風に和らげられる・・・

ポエムのようですが心(深層心理)は繊細なものです。儀式のみにとらわれて本来の悲しみと向かい合えたのでしょうか?白夜の国では一年を昼と夜に分けてゆったりと時を刻む習慣があります。

人口密度の高い日本ではおおよそ考えられないと思われます。ストックホルムは首都ですが日本の時間の流れと全く違っています。同じ経験をした友人も何故か日本にいるとスケジュールに追われる!と。

北欧デザインの美しさは、椅子一個では述べられない包み込むような優しさが母体となってプレゼンテーションされている。 小さなシルバーの「箸置き」をプレゼントされました。箸置きは日本人が使うものです。
中のデザインは勿論優しく包む紙、そのパッケージ迄のプレゼンは手の上に収まる幸福感を感じました。

上手く説明はできません。帰国してからは「時間がない」「忙しい」とは言えなくなりました。

もし、北欧に出かけるチャンスがあればここ「スクーグスチルコゴーデン」を訪ねてください。人生観が変わると思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。