終活に向けて〜

終活に向けて〜

健康について

コロナ禍のバタバタとした慌ただしさの中、少なからず皆様の環境が、ガラッと変わってしまったのではないでしょうか?

毎日混雑した電車に揺られながらの通勤が無くなった方や、それまでに働きかた改革を推進していた企業は、上手く世間の環境を手に入れた。

私はといえばそれまで勤務していた企業を離れ独立に向けて(それまでに事業の開業はしていましたが、名刺を作り心新たにという意味で)頑張る予定が狂ってしまい、今はまだ派遣の仕事で、生き延びていると言ったところです。

さて終活の話とはずれてしまいましたが、私の人生そのものが人生の終盤にさしかかり、これから今の世の中をどう生き抜いて行こうかと考えることが、私の終活に結びつくものと考えています。

またこれをお読みいただき、なるほど!そんな人もいるもんだと思っていただければこれまた幸いです。

今回から下記のカテゴリー順に書いていきたいと思います。

1.健康のこと
2.家族や仲間のこと
3.老後の生活費のこと

1.健康のこと
1.まずは体操(体を動かす お散歩)を毎日すること
2.よく食べること(サプリメントも含めて)
3.人間関係をよくすること(ご無沙汰な友人にはLINEを送るか電話する)
4.不必要な不安を避けること
5.約束を守ること
6.身の回りを清潔にすること

カッコいいじいさまやばあさまになりたい💕

社会生活では当たり前のことを粛々と当たり前にやっていくのが、精神的にも身体的にもバランスが取れて健康になるのだと思う。

若い頃はゆっくり歩いてる高齢者の横を、風を切るように歩いてました。何かに急かされてるわけでもないのに、たった1分を縮めるために。
パンプスを履き、ブラックスーツに身を包み、時には華やかなピンク色のスーツで社長業をこなしていた。
30代前半で覚えたアルコールを毎日、友人知人と飲み歩き、いつか肝臓が悪くなるよと人に忠告されても我関せず…毎日頑張ってるもん!これくらいいいよね!と誰に同意を求めていたのか…
それくらい自分の体のことなんて!気にもしていなかったし、不死身なくらいに思っていた。

楽しい時代でしたが、還暦を目の前にして"老い"は確実に体の健康を蝕んでいます。
パンプス→スニーカー
ブラックスーツ→オフィスカジュアル
ワイン 焼酎ロック→ビール🍺
病気はありがたいことに内臓や心臓 血液検査をしても問題が見つかりません!
ただし…

病名がつかない、体の異変が毎日私の横に居座っています。
急に心臓の裏に当たる背中の部分に痛みがでたり、長年使っているふくらはぎや太ももに赤い斑点が出たり、また、モートン病と診断されて、足裏🦶にある指の間に通ってる神経を圧迫して、指先が痺れたり、時にはピリっと痛みが走り歩けないほどになるし、昨年までは痛くもなんともなかった腕が急に痛くなり50肩だと診断されて…

痛みがなくなればいいのだけれど、薬を飲むと薬害か?とも思われる症状が出たり、民間療法に頼ったり…

ふと子供の頃を思い返すと、60近くになる、母や伯母が"ここが痛い、あそこが痛い"と話していたのを思い出す。子供の私はそんなもん、歳を取ってるから当たり前やん…

くらいにしか思っていなかった。

それが今は自身の身に降りかかってきている…
病院代 薬代 さらに足ともなると靴の中敷👠
こんなにお金が必要になるとは、考えもしなかった😔

心の健康バランスは、身体の健康に比例するのだろう。だから、還暦近くになる層を中心に高齢者をターゲットにして、いろんな健康法が流行っているのだと思う。コロナ禍を受けて"免疫力を高める"キーワードが急上昇した感がある。

健康になりたい高齢者層が、鬱にならないように必死に闘えるようになのか…
健康産業は今や花盛り

終活に向けてというとなんだかマイナスのイメージだが、生き生きした人生を最後に作っていくという意味からすると、まずは健康が一番だと思っている。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. みーさん、お久しぶりです。
    穂花です。

    暫くお目にかからないうちに私もいろいろありました。
    人生二回目の婚約破棄←二回目…って一回も要らないんだよ(苦笑)w

    肺炎やってうつ病に突入して精神科のお世話になって…現在は脳梗塞の後遺症で、
    ライターなのに失語症。。
    生きていると本当にいろいろありますね…なんて言葉ではとても片付けられないほどに、
    人生がドシュラバ。

    ただ。よくも悪くもこの人生を私自身が選んだんだと思えるように過ごしたいです。
    自分で判断し、自分で決めたからこそ…
    失敗したとしても笑い飛ばして、どんな時も笑って過ごせるのだから。

    なかなか思うようには進みませんが…
    まだやりたいと思えることがあるうちは生きていけるのではないかと捉えています。
    みーさんやKanaさん、ほか素敵な先輩に憧れつつ、
    私なりに満足のいく五十代を満喫出来ればと希っています。

    みーさんもご自愛ください。
    穂花

  2. 穂花さん!めちゃくちゃお久しぶりですねー
    コロナではないかと心配しておりましたよお元気そうで何よりです。
    またまた宜しくお願いします。
    いま派遣で持続化給付金申請受付やってます
    ボチボチブログも書いていくからねー
    かなさんおげんきかしら?

コメントするためには、 ログイン してください。