50代からの終活メルマガーslowhappy Vol. 22

メルマガ登録希望はこちらまで空メールを送ってください。

mailmaga1-apply@slowhappy.xsrv.jp

 2020年9月23日
--------------------------------------------------------------------------------------------
Slow&Happy 自由に自分らしくゆっくりとした楽しい時間を!
    50代からの終活メルマガ
--------------------------------------------------------------------------------------------
*過去に直接名刺交換させて頂いた方にもお送りしております。
*ご不要な場合はお手数ですが一番最後の解除URLをクリックしてください。

管理人の齋藤です。
今回のメルマガは2020年5月に成立した年金改正についてです。

セカンドライフの一番の収入は年金です。
その年金法が2020年5月に大きく改正されました。

今回の年金改正のポイントは大きく下記の5点です。

1.年金の繰り下げ(もらう年齢を遅らせる)が75才まで可能になりました。
2.65才以上の在職中の厚生年金加入者の年金額が毎年改正されることになりました。
3.在職中の年金(在職老齢年金)の基準が緩和されました。
4.パートなどの短時間労働者の厚生年金適用が拡大されました。
5.個人型確定拠出年金(IDECO)の加入要件が緩和されました。

現在自分がどんな状況かによって、何が自分に関係してくるかを見てみましょう。

現在働いていて、今後もなるべく長く働きたい方。
1番、2番、5番が関係します。
生活できるだけの収入がある、60才以上の方は2022年5月からIdecoの加入年齢が
現在の60才から65才に延長されます。以前もこのメルマガでも書きましたが
Idecoは税額控除されますので、運用としては最強です。
さらに、70才を超えても元気で収入が生活できるだけあれば、Idecoの受給と
年金の受給を75才まで遅らせることができます。
年金の繰り下げは1月当たり0.7%が増額になるので、70才を超えても元気で
収入もあれば、少し遅らせることをお薦めします。現在のシミュレーション
では70才くらいまで受給を遅らせるのが年金の受給総額が最大になりますが、
毎年平均寿命も健康寿命も伸びているので、年金総額が最大になる受給年齢も
伸びていくことが予想されますので、75才とはいいませんが、72才くらい
までは遅らせるのが良いのではないかと思います。
また2番の毎年改定により、1年働けば年金も増額されるので、これも働く
モチベーションになります。

まだ働いているが、既に年金をもらう年齢で年金をもらおうと思ってる人は
3番が大きく関係します。
現在は28万以上もらうと年金が減額されるので、働くことへのモチベーションが
下がりますが、これが47万円(年金と賃金の合計)まで引き上げられますので、
フルに働いても大丈夫なくらいになります。

詳しくはBlogを見てください。
https://slowhappy.jp/2020/06/25/nenkin-kaisei/

Blogアクセスランキングはこちら
https://slowhappy.jp/blogaccessrank/

解除URL:https://slowhappy.xsrv.jp/xmailinglist/mailmaga1/
---------------------------------------------------■
◇発行元情報◇
■----------------------------------------------------□
スロハピ株式会社
会社概要
https://slowhappy.jp/company/
「50代からの終活」をテーマにした、Blog
プラットフォーム「Slow&Happy」
https://slowhappy.jp/
運営責任者:齋藤隆
FACEBOOKページ
https://www.facebook.com/Slowhappy.jp/