サラリーマンが確定申告の際に気を付けること。

サラリーマンが確定申告の際に気を付けること。

サラリーマンが確定申告の際に気を付けること。

サラリーマンのみなさんは確定申告書を提出したことはありますか??

・医療費が10万円以上かかったから医療費控除を受けるために確定申告をした
・住宅を購入した際に、初年度だけ住宅ローン控除を受けるために確定申告をした
・ふるさと納税をしたため、確定申告をした

上記のような理由から一度くらいは確定申告をした経験があるのではないかと思います。
今回は、サラリーマンの方が確定申告をする際に気を付けるポイントについて解説してきます。

まず前提として給与が2000万円以下のサラリーマンの方は会社で年末調整を毎年行っています。なので、ほとんどのサラリーマンの方は所得税・住民税に関する税務は年末調整で完結してしまいます。というのも、会社で年末調整をすることで源泉徴収票が税務署や市役所、市税事務所へ提出されるので確定申告をする必要がないからです。
では、確定申告をする必要がないのに、サラリーマンで確定申告書を税務署に提出する人がいるのはなぜでしょうか?

それが冒頭でお話ししたような理由からです。

例えば、所得が200万円を超えている方であれば、年間の医療費が10万円を超えた分だけ医療費控除が受けられ所得税および住民税が安くなります。

この医療費控除を受けるためには、年末調整ではなく確定申告をすることで年間の医療費の合計額を申告する必要があるのです。

つまり、所得200万円以上のサラリーマンで年間の医療費が10万円を超えていて医療費控除を受けたい場合は会社での年末調整に加えて個人で確定申告をする必要があります。

確定申告をすることで、勤務先から税務署や市役所、市税事務所に送られた源泉徴収票ではなく、個人で提出した医療費控除が反映された確定申告書が優先され所得税や住民税が計算されます。

結果として、医療費の控除額分所得税や住民税が安くなります。

それではここから、サラリーマンの方が個人で確定申告書を提出する時に気を付けるべきことを書いていきます。

気を付けるべきことは1点だけです。(細かいことを言えば切りがないので今回は1点だけ)

会社に提出した年末調整の関係書類、会社から受け取った源泉徴収票に忠実に合わせて、確定申告書を書き、医療費控除や寄付金控除、住宅ローン控除を追加しましょう。

どういうことかというと、サラリーマンの方は社会保険料がいくらか、生命保険料がいくらか、家族の誰を扶養に入れているのかを年末調整の時点で会社に報告し、源泉徴収票に反映されています。ですので、確定申告書の大部分は会社からもらう源泉徴収票をそのまま書き写すだけでいいのです。そして、源泉徴収票に載っていない医療費控除やふるさと納税の寄付金控除、初年度の住宅ローン控除を追加で書き加えるだけで確定申告書は完成します。

先ほど、会社から税務署や市役所、市税事務所に提出される源泉徴収票よりも個人で提出した確定申告書が優先されて所得税や住民税が計算されるとお話ししました。ここがすごく重要な点で、確定申告書が優先されるがゆえにサラリーマンの方が本来の税金よりも高い税金が計算されてしまうことがあります。
例として

所得500万円のサラリーマン 年間の医療費が20万円 妻と大学生の子どもを扶養に入れている。

上記のような方が医療費控除を受けるために確定申告をするとします。

会社の年末調整で、会社には妻と子供を扶養に入れていることを報告しています。
会社からもらった源泉徴収票には妻と子供の扶養控除がしっかりと反映されています。
ですが、年末調整だけでは医療費控除が受けられないので、個人で確定申告書を書きました。
その確定申告書は医療費控除の追加はしていますが、源泉徴収票に記載された内容とは違い妻と子供の扶養が外れてしまっていました。

さて、ここでどのような現象が起こると思いますか?

確定申告書は源泉徴収票よりも優先される。

なので、医療費控除は反映されているが妻と子供の扶養が抜けてしまっている確定申告書が優先されて所得税および住民税が計算されます。

結果として、医療費控除が追加されても妻と子供の扶養が抜けてしまった控除額が大きいので本来よりも高く所得税と住民税が計算されてしまうのです。

少し、複雑でわかりづらい部分もあったかと思いますが最後まで読んで頂きありがとうございました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。