50代の老後の資金対策 まずは出費を見直そう

50代の老後の資金対策 まずは出費を見直そう

50代の老後の資金対策 まずは出費を見直そう

少子高齢化の影響を受け、公的年金はどんどん厳しくなっていきます。
今や年金だけでは生活できないのが現実ですので対策が必要です。しかし何をすれば良いのか分からない方がほとんどです。そこで誰でも簡単にできる老後資金対策を考えてみたいと思います。資金対策というと、すぐに収入を増やす事を考えてしまいますが、その前に「現在の出費」を見直す事を、まずお勧めします。現在の出費、それも大きな出費が削減できれば、その分を貯蓄に回せるからです。

・生命保険を見直す
お子さんが小さい時は「自分に万一の事があったら」と考え大型の死亡保障と色々なオプションが付いた定期付終身タイプの生命保険に加入する事が多いです。そういった生命保険は一か月に3万円から4万円はするはずです。4万円なら年間で48万円にもなります。しかし、お子さんも大きくなり独立の目途も立ってきたなら、もうそんな大型の保険は必要ありません。生命保険料というのは払い慣れてしまう物で、つい、そのままにして置きがちです。
そして定期付終身タイプの生命保険は50歳半ばで「更新」というのが有る事が多く、ここから保険料が一気に高額になります。しかし50代のサラリーマンには定期付終身タイプの大型生命保険は、もう必要無い事がほとんどです。
これを止めれば年間で数十万円の出費が減ります。60代までの10年間では数百万円の出費が抑えられるのです。
そして止める事により解約返戻金が入ってきます。長年払っていれば、これも相当な金額になります。
「しかし保険無しではちょっと」という方は都道府県民共済、全労済などの小規模保険に入れば良いのです。こちらは一か月、数千円で済みます。平均年齢からみても男性の方が早く亡くなる事が多いです。その場合、奥様の生活費が心配になりますので、ご主人の生命保険をどうするかは奥様が考えた方が良い事が多いです。
一度、奥様と生命保険について話し合われてみる事をお勧めします。

・自動車を見直す
都会に暮らしているサラリーマン家庭には自動車は仕事で使うのでない限り、不要な事がほとんどです。
そして自動車を所有していると駐車場代、税金、車検費用、ガソリン代、高速料金、任意保険料、エンジンオイル交換、タイヤ交換など実に沢山の維持費が必要になります。その費用総額を計算すると、びっくりされるでしょう。果たして現在のあなたの家庭に自動車は本当に必要か? を今一度考えてみてください。
例えば土日にショッピングモールに買い物に行くのをネットスーパーに切り替えれば自動車は必要なくなります。
自動車を持つのを止めれば、相当な出費を貯蓄に回せるのです。
ですが自動車は「単なる移動手段ではなく自分の満足を満たす物」である事が多く、自動車を手放す事に抵抗感が強い方が多いのも事実です。しかし、今一度、考えてみて下さい。その満足を満たすために一体、どれくらいのお金をかけているのかを。どのみち老後の生活資金では数百万円もする自動車の維持は出来ません。つまり、いつかは諦めなければならないのです。そして諦めるのが早ければ早いほど、老後の生活資金に余裕が生まれるのです。

・クレジットカードの請求明細を見直す
クレジットカードの請求明細を細かく見ていると「あれ? なんだこれ?」というのが出てくる物です。
実は、それは既に処分した前のパソコンの時に加入したウィルスセキュリティの費用だったり、加入したけど全然、使わない何かの会費だったりするのです。こういう費用は一か月あたり数百円から千円程度かもしれませんが、放っておいたら今後10年間で100万近い金額になってしまいます。また、ほとんど見ないCS放送に一万円近い金額を払っている事もあります。こういう「気づかない無駄使い」を早めに整理してしまう事は案外に重要です。何故なら、こういった請求は解約しない限りずっと請求され、老後であっても請求され続けるからです。少々、面倒ですが早めの対処をお勧めします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。