Aさんに学ぶ

Aさんに学ぶ

Aさんに学ぶ

Aさんの人生

定年まで黙々と働き、今は年金生活
全く自由な生活とはいかないが、Aさんはこの不自由にも感謝し、そこそこ満足した生活を送っている。
顔にはしわはなく、照りのいい顔で笑顔が素敵だ。いたって普通のおじさんだ。

今までの生活は本当に色々なことがあったと、お茶を飲みながら話す。

しかし、彼の人生は、彼の障害、世間の偏見、不理解、いじめ等、絶対に合ったに違いない。その苦労を感じさせない笑顔はどこから出てくるのだろう。

でも彼は今までの人生を振り返って、若い時に先輩から言われたこと、自分で経験して感じたこと、詳細にわたり、詳しく覚えている。どこに精神的な障害があるのだろうか?

 現実には、精神病院への入退院の繰り返し、病気を押さえるたくさんの薬、これらもいい人生だったと話す。これからも自分をしっかり持つために薬は必要で、命を支える大切な物だと言っている。また、ちょっと不自由だが、管理をしてもらっていることに感謝の気持ちを話す。そして、こんな自分は今幸せだという。

昨日話したことは忘れっぽいが、昔のことは事細やかに覚えていて、良き昭和の生活が見える話をしてくれる。話をしていると安心するという。そして、話すことは大好きと。

親戚のこと、兄弟のこと、親のこと、様々なもめごともあり、怒りもあり、泣くこともありだったようだが、今はそんな苦労話も笑顔で話す。その話は現在のAさんを作ってきた人生なのだ。

Aさんは、コロナのこと、これからの時代も自分の経験から予想して話してくれる。キチンと現実にも向き合っているのだ。今まで生きてきた中でこんなにひどい経験はなかったのだという。
また、周りにいる人たちにもさりげなく気を使っている。
全員が集まり、座れないとわかると自分は立ってさっさとどこかに行ってしまうのだ。

眠くても眠くなくても必ず22時には布団に入る。規則にはきちんと従い、従わなかったときのことは経験済で、とても警戒している。また、他人に迷惑をかけることも好きではない。

サラリーマン風の服装が好きで、無駄な口は挟まない。
サラリーマンとして、一生懸命仕事をしてきたんだなと感じる。

経験してきたことをきちんと踏まえて、どうなると自分は壊れるのか、よくわかっていて、そうならないよう本当に気をつけている。 そういった大人としての魅力もあり、輝いている。
こんな風に考えられるようになるには、相当大変だったのではないかと思う。
私のこれからの人生を考えると、こんな風にきれいに生きたいものだと思う。
さりげなく、控えめに…。
そしてチャーミングに話して…。

権力を持ったお年寄りが偉ぶった話をするよりも説得力があり、素直な表現が気持ちいい。
やはり、どんな立場でもどんな境遇でもきれいに生きることは可能で、できる事を一生懸命生きてきた姿が出てくるのだと、今更ながらに痛感した。

迷ったときは、今からでも遅くはないから、色々な人の人生を聞いて、参考にするとヒントがもらえそうだ。

老後、介護、終活、趣味など、
Aさんの話を聞きながら、色々なことをマイペースで、一生懸命考えていこうと思い、その先では、純粋に輝けるようになりたいものだ。

さあ、これから! 私は…。

7月の花① アジサイ

そろそろアジサイも終わりそうですが、
雨にはよく似合いますね。

科・属 アジサイ科 アジサイ属
時 期 5月~7月
花言葉 浮気 うつり気 無常
赤   寛容
青   辛抱強い愛情
ピンク 元気な女性(一番人気の理由)
撮影場所 明月院にて

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。