『傾山登山』

『傾山登山』

【傾山_登山ルート紹介】

【傾山】
日本三百名山 大分百山
傾山は『かたむきやま、かたむきさん』といいます。
大分と宮崎の県境にある祖母傾山大崩系の山に属します。
祖母傾国定公園に指定されている標高1,605m山です。
山頂は岩峰が3山あり南に後傾・本傾・前傾があります。
大分県豊後大野市、佐伯市、宮崎県西臼杵郡日之影町に登山口があります。

【傾山登山】
今回紹介する登山コースは黒仁田登山口から九折越(つずらごえ)、千間山を経由し傾き山を目指すルートです。
コースはいいのですが登山口までの道のりが大変です。
なので黒仁田登山口から登る場合は四駆車で向かうことをおすすめします。
なぜかというと日之影見立にある黒仁田林道入口から黒仁田登山口までの林道はすごい凸凹道です。
舗装していない道は四駆車でないと時速10km程度でないと進めません。
四駆車でない場合は他の登山口がいいと思います。
傾山を最短で登りたいのあれば黒仁田登山口からアクセスするのが適しております。
林道の凸凹道を克服できるのであればいいと思います。
黒仁田登山口をスタート、歩きやすい登山道です。
整備されていて気持ちいいです。
スタートから約25分で『水場』に到着します。
清水って感じです。夏場は清涼感あっていいです。

(九折越)

スタートから約30分で『九折越』に到着します。
傾山が見えます。
ここ『九折越』は『苔』がはえていてグリーンジュータンって感じです。
小屋もあります。
この小屋で宿泊できるはずです。
祖母山へアプローチできるので縦走する登山家が利用しています。
私もいつか小屋に宿泊できるくらいになりたいです。
まだまだ初心者レベルなのでもっと経験を積む必要があります。
ちなみに祖母山の9合目に立派な小屋があるのでこちらにも宿泊してみたいです。
晴れた日、ここから見る『傾山』と『九折越』のコントラストは綺麗です。
思わず写真におさめたくなること間違いありません。
『九折越』を出発すると登山道沿って『ネット』が張り巡らされています。
『鹿』の被害から守るためにされているようでした。
スタートから約60分で『千間山』に到着します。
眺望がよく大きな岩がありいい場所です。

(かっこいい傾山)

しばらく歩くと傾山の全容(前傾、傾山(本傾)、後傾、二つ坊主、三つ坊主)が見えます。
山頂付近の鋭角な姿にすごいと思うはずです。
どうやって登るのだろうと考えるはずです。
山頂近くの後傾の岩峰真に分かれ地点があります。
宇目町の登山口「杉ガ越」への分岐点になります。
スタートから約90分で到着します。
この分かれを過ぎると後傾に向かいます。
スタートから約100分で後傾に到着します。
後傾からの眺望いいです。
本傾(山頂)が近くに見えます。
山頂に向かいます。
後傾と傾山(本傾)の中間に「大白谷」コースの分かれがあります。
スタートから約110分で到着します。
山頂目指します。
やっと念願の『傾山』の山頂です。
スタートから約120分で到着します。
岩でゴツゴツした感じの山頂です。
眺望メッチャいいです。
思った通りの眺望です。
山頂をとおりすぎ岩場の端に行くとさらに眺望いいです。
それとちょっとスリルもあります。
崖っぷちって感じで。
いつか登りたい『大崩山』も見えます。
祖母山、くじゅう連山も見えます。
下山します。
来た道を戻ります。
振り返るとかっこいい『傾山』が見えます。
名残惜しいです。
何度も振り返り傾山に『また来るよ』といいながら下山。
祖母山もいいですが傾山は個人的に好きな山です。
山容が好きです。
山頂までのルートも好きです。
スタートから約3時間20分でゴールです。
冬は積雪があるので注意が必要ですがそれはそれでいいです。
今回は秋でしたが紅葉がキレイでした。
四季を楽しめるいい山だと思います。
何度も登りたい山です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。